投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL



*純華*ちゃんへ

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年11月 1日(水)16時45分5秒
  宮城県の採用試験に合格、おめでとう!
しんどい中よく頑張りましたね。
お父さん、お母さんとも、とても近いところで働けるのはラッキーですね。
お二人とも喜んでおられることでしょう。
いつも応援しています。
 

*純華*さんへ

 投稿者:たいよふ  投稿日:2017年10月29日(日)21時38分8秒
  宮城県の教員採用試験、合格おめでとうございます!

悩みは糧になるし、安心は力になりますますのご活躍をお祈り申し上げます。

*純華*先生、僕は個性が強く、家族や友達から異常と言われてきましたんこぶ(笑´∀`)
ちゃんと会話になってないかもしれませんシティブで雑です。

宇宙の点ぐらいの力で、笑ってる姿を考えてます!





 

(無題)

 投稿者:*純華*  投稿日:2017年10月28日(土)22時52分13秒
  こんばんは。

金曜日に、宮城県の教員採用試験の合格発表があり、合格しました。

ダメ元だったので、南三陸地域に10年間固定の枠で出願してたのですが、
一般枠(県内の異動)で合格していました。
配属は小学校です。特支学級になれたら嬉しいです。

ここまで、いろいろ苦しかったから
信じられないし、でも本当によくがんばったな。と思います。

弱い子が、安心して通えるクラスを作りたいです。
4年間、いろいろあったけど、それは間違ってなかったな。と、思います。
 

(無題)

 投稿者:*純華*  投稿日:2017年10月25日(水)12時38分38秒
  お返事、ありがとうございます。

ここに来ると原点に戻ってこれるような気がして、安心します。

今の学校は、昔は分からないけど、
本当に、多数派というか、きちんと主張が出来る人に優しいというか、
強いものが生き残るんだなって思います。

目を向けてあげないといけない
弱い人にはとことん厳しくて

あれ?これが先生?ていう人もいます。

私立と公立を見て、共通して感じたことです。
公立は特に万人に対して教育を施さないとならないのに、上の立場の先生になるほど、面倒なことを嫌がって、最初から入学や編入を断ろうとしてるなって感じました。

だけど、特支学級への入学を希望する外部の子どもが、教委の指導主事さんと、体験入学で来た時は、入学してほしいからか、ニコニコしてて、「いつもと違うぞ?」て思います。

いきなりすみません。


先週の月曜からダラダラ風邪を引いていて、土曜日にレントゲンを撮ったら
一昨日、肺炎にかかってたと分かって、日曜日まで休むことになりました。

学校に電話したら、副校長が対応してくれたけど、言われたことから、ちょっとというか、具合悪いからとても落ち込んで、

もう社会で自立して働くことが出来ないのかな。と思って、
私は必要とされてないのかなと、悲しいです。

多分、元々体調を崩しやすいのは気にしていたのですが、(小学校の先生て体育会系の元気な先生が多いので、比較すると余計に…)

それを、副校長という偉い人にやんわり言われたから、余計凹みました。

肺炎になった以上に、「体調崩しやすいことも分かったから、年休取っておいた方が良いので、病休にする。」「喘息て繰り返しやすいから。(喘息とは違うのに)」等、
「そんなことで大丈夫なの?」のような雰囲気を出されたことが悲しかったし落ち込みました…

若手研修のとき、副校長先生は、クレームを訴えてくる保護者について、「怒るまでに至った経緯がある」「言葉の選び方は大事」とか言ってたけど、そんな張本人から、病気で休むことを、自分自身が一番情けなく申し訳なく思ってるのに、「大丈夫?」を一番最後に言われて、
私は正規採用の先生ではなく、講師だからなのかもしれないけど、

管理職だから、愛想よく振る舞うのは上手な人だし、パワーはあるけど…
弱者に厳しいのだな、と分かりました。

世の中は厳しいですね。

病院の先生には「そんなこと言われたら嫌んなっちゃいますよね。」「なりやすい。とかではなく、働きながら採用試験があったり、新しい環境になったりでお疲れがたまってたんだと思いますよ。」「医者がそう言ってたって、言ってやってください。」と言われて、少しほっとしました。

そんなことがあって、せっかく4月から又、講師で今の学校で、校長先生も学年主任の先生も「またお願いしたい。」と言ってくれてたのに、

「体調を崩しやすいから。」てことで、来年からは断られたら…

と、不安になってしまい、

また近隣の自治体に講師登録するか

別の仕事にした方がいいのか

実家に帰って家とバイトを探すか


なんて、一人で考えて、
仕事が無かったらどうしよう…

私ってそんなに使えないのかなーと、

落ち込んでました。

学年主任や同じ学年の先生はメールで体調を気にかけてくれたり、優しいです。

今は、雑念が浮かぶけど、日曜日まで休んで、治すことに専念します。
 

*純華*さんへ

 投稿者:たいよふ  投稿日:2017年10月19日(木)20時15分37秒
  初めまして。
いつも読ませて頂いています。


純華さん、よく頑張ってますね。
心身の健康があってこその、毎日ですから、、
あまり無理をしすぎないように、過ごせますように。


自分にとっての常識は、他者にとっては、非常識のこともありますよね。
自分も他者も肯定していられるように、なりますよ。。

純華さん、まは旬のもので、旬のものは健康に良いですよ。
このぐらい柔軟でも、良いかもしれませんきょカーは賑やかに
秋の車道を通っています。
街行くみんな、いつも通りに、歩いています。

みんなそれぞれ多種多様で、一日一日に、個性がありますね(^-^)





 

お久しぶり

 投稿者:とく  投稿日:2017年10月17日(火)20時57分59秒
編集済
  長いこと、この掲示板にも遠ざかっていましたが、今日純華ちゃんの書き込みを読んで、ひさしぶりに書きたいとおもいました。
いろいろな人生を経験していますね。 東京都、2次試験も通ったのに残念ですね。でも、人生は何が幸せでないが不幸かというのは大分あとになってからでないと分からないものです。 「あの時、東京都を落ちて良かった」と思う日が来ますよ、きっと。支援学校の先生になれるといいですね。 宮城県に受かったとしても、できれば支援学校に採用されるといいと思います。
 いま、日本全国の学校は競争と差別でひどい状況になっていて、まともな感覚を持っている人間は教員にせよ、子どもにしてもものすごく生きづらくなっています。
ぼく40年近く公立高校の教員をやってきましたが、20年ほど前に退職しました。 いま、教員をやれと言われてもできないと思います。それは体力的にどうと言うことではなくて、こんながんじがらめの学校ではとても勤まらないと思うからです。

純華ちゃんがそういう状況に置かれていたかどうかは分かりませんが、息苦しい職場はさっさとやめて、自分のやれるところで生きていくのが一番いいです。


あなたは苦しみながら、試行錯誤をしながら、結局はあなたに会ったいい人生の選択をしていると思います.これはもう15年くらいここで、あなたとつきあってきたぼくの実感です。

大丈夫。自分を信じて頑張って下さいね。







 

(無題)

 投稿者:*純華*  投稿日:2017年10月16日(月)16時10分21秒
  金曜日に、東京都の教員採用試験の結果が出て、落ちました。

何でとか、自分は向いてないてことなのかなとか、考えます。

春からいろいろありすぎて、疲れました。

自分の人生なんだけど、夢を追ったりする元気も無いし、何がいいのか分からなくなりました。

前の職場で一年目に上司から「あなたは大勢の人とコミュニケーションとっまてやって行くのが苦手なタイプ。教員よりも適応指導教室とかの方がいい。」と言われたことがひっかかってて、

採用試験の面接を受けたとき、
仕事を辞めたことも、
私自身がうまく人間関係をこなしていけないからなんじゃないか。

試験でそこを見られたんじゃないか。

と思って、

相談した地元の住職さんにも、「自分が多くの人と関わるのが苦手なのはわかったはず。その中でも、自分で選んで環境を変えて新しい場所を手に入れたのに、又同じことでクヨクヨ考えで悩もうとしてる。」

と言われてしまって、分かるけど、また落ち込みました。

もう教員は、正規の教員を目指すのはやめようかと思ったら、

元気が無くなっちゃって、

二学期から講師で働き始めた、公立の学校は前よりとてもよい環境で、
今目の前にいる子どもはかわいいし、
保護者の方々も先生方も優しいし、

前、辛かったから、それと比べたら
ほんとに今、仕事があっただけでも良くて、だけど、試験を受けたら、
周りがすごい「あなたなら絶対大丈夫」
とか言うから、受かったらいいな。とは思ってて、だから、落ち込みました。
 

(無題)

 投稿者:*純華*  投稿日:2017年 9月29日(金)20時19分45秒
  お久しぶりです。

5月から休職し、毎日うつ状態で、
実家の仙台に何度か帰省し、お父さんにいろいろ連れてってもらいながら、体調も回復してきました。

そして7/7に退職、
たまたま応募に間に合ったので、ドタバタで東京都と宮城県の公立の教員採用試験を受けて、
どちらも二次試験まで進みました。
今は合否を待ってます。

試験が終わってすぐ、小学校の特支学級の講師の依依頼があり、都内の公立小学校の知的障がいの特支学級の
産休代替として、3月末まで、働くことになり、
8月末から新しい仕事をしています。

毎日、実習のような心境ですが、1~3年生11人のクラスで子どもは素直で、毎日穏やかに過ごしています。


この前、書き込みをしてから、自分を責めるばかりで
とても、辛い日々でした。

けど、本当に、死んでしまいたいくらい辛いことを経験して、今は緩く、自分のために、やりたいことを試しながら、人生を歩んで行こうかなと思っています。

そう割り切るには、長くて辛い3年間でしたが

周りより、回り道かもしれないけど、
周りの目が気になって苦しいときもあるけど

きっと、無駄ではないと思いたいです。

今も、この先のこととか、考えたらキリはないから

講師をやってみて、しんどかったら、
介助員など、違う仕事にしてもありかなと思います。

今回のことで、親は「あなたが元気でいてくれることが一番」と言ってくれて、
良い仕事について、がんばらないとと思ってたけど
無理しなくていいんだ。と気づかされました。

気づくのに3ねんもかかったけど
3年で抜け出せたと思いたいです。
 

インドの話

 投稿者:うさぎ  投稿日:2017年 9月 4日(月)16時23分14秒
  はい、じゃあ私若者ではないけど書かせてもらおうかな。

先日用事であかねに行ったとき、若者たちと一緒に遼くんにインドの話を聞かせてもらいました。

「人と人との距離がものすごく近い。例えば吊り革には3人くらいが一緒につかまるし、電車の
座席にちょっとでも隙間があればぎゆーっと割り込んでくる」
「人と動物の距離が実に近い。街に牛や犬と人間が共存している」
「人々が‘生きている’という感じがにじみ出ている。目の力が強い」
「食事は手で食べた。その方がおいしい」
などなど、面白い話がいっぱいありました。
インドに住みたいくらい好きになったそうです。

若者はいいなー、こんな風に旅ができて。



 

(無題)

 投稿者:はな  投稿日:2017年 8月29日(火)20時10分26秒
  どなたか、おしゃべりBBSに、書いて頂けませんか。

私も、疲れました。




 

/214