teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


在韓日本人さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2014年10月 5日(日)23時29分7秒
  ベルばら、すさまじかったみたいですね!フィルセンでしか見られないレア作品みたいで・・
日露戦争記録映画、ちょうど代休を火曜にとる予定なのでみようかと思っていますが、つらいでしょうかね・・
ほんとは荻野茂二作品が見たいのですが、来週の3連休は大阪にいく予定ゆえ・・発掘映画はほとんど見られないで終わってしまいそうです。
 
 

発掘された映画たち

 投稿者:在韓日本人  投稿日:2014年10月 1日(水)02時13分41秒
  初日、余裕をもっていったら凄まじい人、人、人…
えっ「日露戦争記録」にこんなに集まるの!?と思ったら、
小ホールの「ベルサイユの薔薇」(2回とも満席)にこられた方々でした。
宝塚ファンのすごさって一体?)
「日露戦争記録映画」、映画で熟睡したことのない私にも少し辛いものでした
(だって同じ映画のシークエンスが多用されているだけですから)。
昨日は「寒椿」染色版、オール染色というわけでもないし、まあ久々だったので会議の後に行きました。観客はまばら。
明日も7時の回に行く予定ですが、まあギリギリでも大丈夫でしょう。
土日さえ外せば(外さなくても)この特集、さほど混まないでしょう。
 

元在韓日本人 さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2014年 9月 2日(火)22時19分24秒
  オスカー・ミショー、全然知りませんでした(恥ずかしながら)
黒人映画専門につくってた人なのですね。これは貴重な機会でしたね。NFCの常連さんもかけつけるのがわかる気がする・・
伊丹版「新しき土」所用あっていけませんでした。観てみたかったなあ・・・
 

オスカー・ミショー

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2014年 8月24日(日)22時46分6秒
  たかぎ様
先日は拙著に対し懇切なご感想をいただき有難う存じます。
今年度、まだ日本映画を劇場鑑賞しておりません。
吃驚!
今日は渋谷で「オスカー・ミショー」(ただしdvd上映)を観ました。
加藤幹郎氏の本で存在を知った監督です。
まさか実見できるとは思いませんでした。
NFCでお見かけする方々も5,6人お見かけしました。
ちょっとした自慢話です。
小ホールで久々に「新しき土」ファンク版、伊丹版を同日鑑賞しようかな。
すみません、とりとめのない書き込みで。
 

元在韓日本人 さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2014年 8月 3日(日)13時00分8秒
  先日はご著書をいただきありがとうございました!ゆっくり拝読させていただきます。
子ども映画館、お子さんといらしたのですねー。(いや、うらやましい。独身ゆえ人の子供を借りて参加したい、なんて話を冗談ぽく映画仲間としたことがあります。)
映写室見学も受かればできるんですね。競争率激しいのかも。でも、お子さんたちとのいい時間過ごされたようでなによりです。
フィルセン界隈、風景が変わってしまってますよね。再開発ってこういうことなんだ。と実感。大好きだったビルがなくなっていって一抹の寂しさを覚えてしまいます。
 

子ども映画館

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2014年 8月 1日(金)21時59分9秒
  本日、娘たちを出汁にフィルムセンターの子ども映画館に行きました。
マック・セネットのスラプスティックは面白かったらしいのですが、
肝心のキング・ヴィダーは娘たち眠り体勢に。
まあ、私が観られれば文句はないのですが。
その後、恒例の三越本店のお子様ランチをあてがいました。
そういえば、半年近くフィルムセンターに行っていなかったことに気づきました。
近くの喫茶店や飲み屋さんもビルの建て替えで閉店。
映写室見学はまたも外れました。
来年は期待したいと思います。
 

各位 あいすいません

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2014年 7月29日(火)00時41分47秒
  以前、たかぎ様に告知をご承認いただきました拙著、無事刊行されました。
ただ、掲示板で広告するのは野暮と考え、たかぎ様には謹呈し、
こちらの掲示板での告知はご辞退いたしました。
小生、目下渋谷のシネマヴェーラにしか通えておりません。
2014年度は久々に50本下回るかもしれません。
人間50前後は本当に多忙ですね。
 

おお、ツイッターからの再来店でしたか

 投稿者:たかぎ  投稿日:2014年 6月21日(土)19時57分48秒
  プライドマンさんへ
はは、不思議というほどには思わなかったですが、まさかツイッター経由でしたか。アイコン、TOPの絵にしているのはそういうお客さまもいらっしゃるかなーと意識しておりまして。
ねらいどおりで(笑)よかったです。
「挽歌」何度でも見返したい映画ですよね。時間つくって絶対もう一度みます。釧路にもいきたいなあ。挽歌ツアーがしたい。ああ(遠い目)
 

たかぎさんへ

 投稿者:プライドマン  投稿日:2014年 6月19日(木)13時12分23秒
  お返事ありがとうございます。
そうそう、私もオープニングの越路吹雪さんの歌が大好きで、CD借りてスマホでしょっちゅう聴いてます。この歌も私が「挽歌」を好きになった理由の一つです。

今頃になってなぜ来店されたかと不思議に思いませんでしたか(^_^;)
実はたまにTwitterで興味のあることを検索していろいろな情報を得ております。つい先日も久我美子さんで検索をかけたら、「たかぎ@_takagi」がヒットしまして、しかも写真の絵が独特なタッチで見覚えが!!
もしやこれはキネマ洋裁店のたかぎさんのツイートではと思い、失礼と思いましたが、確認したく先日の訪問となりました<m(__)m>
やはりたかぎさんだったのですね(^_^;)
映画「挽歌」に少しでも共感していただける方がいて、とても嬉しかったです。

大変お忙しいそうですが、時間のある時に4点の確認をしてみてください。
これからも宜しくお願いいたします。
 

もりおさんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2014年 6月19日(木)01時53分15秒
  レス遅くてすみません。山種美術館、伊東深水の木暮実千代の肖像!
なかなか美術までおっかけきれていませんが、そんなすてきなカップリングの日本画があるなんて!
伊東深水というと朝丘雪路のお父さん、というイメージがあって、娘さんながら日本画から抜け出たような風情がありますね。

戦前の新版画、おすすめされると観たくなります。(ほんとおっかけきれないことがいっぱい・・・ずぶずぶずぶ)
 

レンタル掲示板
/76