teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


元在韓日本人さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2015年12月25日(金)19時54分45秒
  お返事おそくなってごめんなさい。メリークリスマスになってしまいました。
わたしも「映画探偵の映画」はがんばって早起きしていきたいなーとおもっています。京都映画祭でみたものもあったりフィルセンで観たもののそれ以外という感じで・・
「薩摩飛脚」、たぶん観たような気がしますが記憶がぶっとんでます・・

お仕事先の業界、この時代いろいろあるんですね・・詳細はわからねど、知のパワーを総動員するお仕事はほんとに御苦労もおありだろうかと。目下平サラリーマンなれど会社もこの時代いろいろと変化が激しくて、寄る年波に時代の変化に疲れを感じる今日この頃。
よき年末年始をお過ごしください。わたしもあと2日働けば正月!と自分を奮い立たせています。
 
 

忙しい年末年始です

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2015年12月21日(月)23時28分52秒
  たかぎさま

韓国映画は土曜で打ち止めし、
ラピュタの「映画探偵の映画」とヴェーラの「シネマの名作」に絞ります。
土曜日のフィルセンでは四方田氏(韓国の勤務校で少しかかわりあり)とご挨拶して、
「青春の十字路」(35mmもみましたがパフォーマンスに興味あり)を再見、
日曜日には何年かぶりでラピュタへ。
「薩摩飛脚」、伊藤大輔ですがトーキー映画をサイレントで見る何とも言えない不可思議さ。
なんで満席なんだろう。
たぶん発掘後に、見た記憶はあるのですが曖昧です。
その後はヴェーラでウェルズ、ジョン・フォード(ただしデジタル)を見ました。
センターは今年度は終了、後は戦中・戦前映画と映画学のお勉強をします。
でも、知力減退を自覚する小職は勤務先のオブリゲーションで再起は無理かも。
たかぎさまは小職の来歴を、おそらくはご存知でしょうが、この業界も目下大変なのですよ。
妄言多謝
 

元在韓日本人さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2015年11月27日(金)20時55分11秒
  いつかは・・と思いながらとうとうこの日が来てしまいましたね。
寂寞感、喪失感・・わたしもちょっと虚脱状態に襲われました・・遥か昔にとっくに引退された方なのに。
わたしも大体は出演作は観尽くしてますがまだ観てないものもあります・・残念ながら12月に上映される「殿様ホテル」は観にいけないんですが・・
観れる限りの節子さまの映画を観ていき心に刻んでいきたいです。
 

妄言多謝

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2015年11月26日(木)02時36分33秒
  一人の人間の「死」、しかも直接お目にかかったことのない方の死がなぜこれほど応えるのでしょう。
ジョン・ウェインの時もそうでした。
ジェームス・スチュワートはまじかですれ違ったので、
事情は別なのですが。
原様の映画はできうる限りスクリーン鑑賞をしてまいりましたが、
散逸や無精で観ていない作品も少なくありません。

「晩春」の自転車シーン、「麦秋」の浜辺のクレーン撮影シーン。
「河内山宗春」の可憐な娘役、そして彼女をスターダムに押し上げた日独合作映画、
「新しき土」(たかぎさまも協力されてますね)。
小生は今晩は飲み明かすかもしれませんが、
ご本人の御遺志に沿わないと存じますのでこれにて。
99歳の水久保嬢は、さすがにでしょうか。
(でも小生の祖母は無事百歳を迎えました)

なんかもう言う言葉が見つからない寂寥感を覚えております。


 

謹んで哀悼の意を表します

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2015年11月26日(木)00時38分43秒
  たかぎさま ほか日本映画ファンの皆さま

原節子様が…
昨夜(25日)も「母の曲」の原節子様のあまりの美しさを、
飲み会で云々しておりました。
件の報道は知りませんでした。

この間モーリン・オハラ様が同じく95で亡くなられた時、
つい原様を思い出し、大丈夫かなと案じておりましたが、
その時はすでにご逝去されていたのですね。

もう贅言はよします。
でも天寿を全うされたとはいえ、
深い虚脱感で満ち溢れています。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


 

元在韓日本人さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2015年10月19日(月)19時32分12秒
  「思ひ出」ネットでの評判が高くて素晴らしかったみたいですね。闇と音楽特集6本もクリアとはスゴイ。
これからの各名画座方面、邦画上映の予定はかなりゆるやかですね。観てるのが多いのでわたしもちょっと余裕が出来ます。
2冊目の著書ぜひに。どんなテーマか楽しみです。
 

闇と音楽

 投稿者:元在韓日本人  投稿日:2015年10月11日(日)21時02分45秒
  志村喬は「鴛鴦歌合戦」を見にいけばもういいかな。
半睡状態だった「思ひ出」、今日は澤登さんの弁士があって、完全に堪能しました。
(すでに今年ヴェーラで見ていたので、2回半の鑑賞ということになりましょうか)
実は今回の企画、忙中に閑ありで6本全部クリアー。
「最後の命令」のヤニングス、すさまじかったです。
おそらくたかぎさまも御存じのように、
小生は戦前・戦中の日本映画ファンです。
一時は時代劇やら大都映画やら、際物映画などなんでも見ました。
でも戦後映画には呆れるほど疎い。
戦中デビューの監督は戦後作品もフォローしてますが。
これからはそれほど映画鑑賞予定もタイトではないし、
オブリゲーションからもしばし解放されたので、
真剣に映画理論の基礎から勉強しようかな。
さすがに知的減退を痛感してますが、
せめて2冊目の著書(編著書でもいいから)上梓したいなあ。
妄言多謝
 

在韓日本人さんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2015年10月11日(日)17時55分58秒
  噂で聞くに志村喬特集の満席連続スゴイですよね・・確かに黒沢ネームバリューが・・スクリーンで定番名画を観る機会が減ってるからなのかな??
闇と音楽一回もいけてません・・柳下さんのも結局いけず・・体がいくつもほしいなあ・・
またのご報告お待ちしています!
 

なぜに

 投稿者:在韓日本人  投稿日:2015年10月10日(土)00時01分10秒
  なぜに「野良犬」が満席に?
失礼ながら志村人気ではないでしょう。

闇と音楽は落ち着いております。
何度か見たルビッチは半睡でしたが、
サウンドがつくと完璧起きております。
年齢のせいでしょうねえ。
まあ、ぼちぼち見ていく感じです。
月例報告でした。
 

太田ナンボさんへ

 投稿者:たかぎ  投稿日:2015年 9月19日(土)21時07分35秒
  お久しぶりです!忘れずにいてくださってありがとうございます。
酒豆忌、今年も大変盛況に終わり、実行委員冥利につきます。中川監督のファン層の厚さに身もだえします。いやー実はまだ「鬼姫しぐれ」が見れてないヘタレ実行委員ですが状態悪かったようですが太田さんもおっしゃるように花井蘭子がいいのならば観なくては!

逝ける特集はわたし「私の鶯」「花と嵐とギャング」にとどまり。いっぱい亡くなった方がいる年なのでしょうがないのでしょうが、ほんとは一カ月ぐらい各俳優にさいてもいいぐらいですよね・・スケジュールもある公共施設なのでそこは我慢ですが、脳内ではいろんな追悼上映の作品が頭に浮かびますよね。「花と嵐とギャング」残念ながら16mmで上に黒みが出ていましたね、鮮明なプリントで観たかった!

東映現代劇の企画はほんとすばらしかったですね。確かにフィルセン追悼上映の補完がされてたと思います。特に健さん!あと「悪女」みたいな普通の特集上映ではちょっと観ることのできない作品もあって。ラピュタさんはこういうスポットの当たらない作品にもスポットがあたる特集を組んでくださるので感謝です。

最近のニュープリ事情、今回酒豆忌実行委員会で「お勝兇状旅」をニュープリしてみてわかりましたが、ほんとニュープリって贅沢なことだなと思います!太田さんのフィルムに対する思い、不安、身にしみて実感しました・・

 

レンタル掲示板
/75