投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


うんざり

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月21日(火)17時37分49秒
返信・引用
  朝、テレビを点けると、何処の番組も日馬富士の問題、それが終われば料理にCM、腹が立ってBSに
替えると、今度は韓流ドラマばかり。
しかも便秘やホクロのCMが多いし、極端に言うと5~6分に1回は食事時間でさえ画面を占領する。
冗談ではなく、あまり遠い先ではなく、テレビは滅びるように思うのだが・・・
 

寒波到来

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月20日(月)23時06分29秒
返信・引用
  今日はかなり冷えた。
おかげで長時間ガスストーブの世話になったが、良かったと思ったのは、寒さに弱い花の
植木鉢を昨日の間に家の中に取り込んでいたことだ。
体力だけでなく根気も薄れ鉢も随分減ったが、それでも君子蘭などの鉢はかなり重いので、
階段を上るのに膝が痛んで弱った。
今年も羽蝶蘭や鷺草などが綺麗に咲いてくれたから、花いじりはなかなか止められない。
 

焼き芋

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月19日(日)09時54分51秒
返信・引用
  千葉県の香取市で行われた「ふるさと 芋祭り」をテレビで紹介していた。
昔は冬場になると空き地で焼いて食べたものだが、最近はそんなことをすると、灰が洗濯物に
付くとクレームがつく可能性があり、残念ながらやったことはない。
また業者が時々車で売りに来るが、呼び止めて買ったこともない。
こんな時代が良いのかどうか、昔を思い返して時々考えることがあるが、さてどうなんだろう。
 

執行猶予?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月18日(土)17時01分18秒
返信・引用
  妻の不倫に激高し暴行して死亡させた夫に、大阪地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。
抵抗しなかった被害者に対し、暴行を繰り返したことは 厳しい非難を免れぬが、被告が激しい
怒りを覚えたのは理解ができると言う理由だ。
そのため、殺害の意図はなかったとして、 懲役3年執行猶予5年の判決を下したのである。
しかし、人を殺しながら執行猶予とは・・・?
何かスッキリしない判決である。
 

このモラルの無さ・・・

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月17日(金)23時09分37秒
返信・引用
  毎日のようにツイッターで世迷言を書き並べていた上西小百合が、テレビ局に引っ張りだこに
なっているそうだ。
あんなに彼女を糞味噌に叩いていたのに、一体どういう神経なのかほとほと呆れる。
しかし世の中には、よくもまあこんなにも多く、面の皮が厚い人間がいるものである。
テレビ局の多くの連中は、自分はエリートだと自負している節があるし、スポンサーにしても
似たり寄ったりだ。
つまり、視聴者のことなど全く考えていないわけで、そういう神経が尚のこと腹が立つ。
 

喪中につき

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月16日(木)22時36分44秒
返信・引用
  年賀状作成をしている折り、「喪中につき・・・」の葉書が届いた。
亡くなったのは、幼稚園から小・中・高と同じ学校だった友人である。
高校を卒業したあと彼は高砂、私は西宮の会社に勤めたが、彼が1年程して「お前の会社に勤められないかと電話してきた。
社長に話してO・Kを貰い1年近く一緒に働いたが、彼が電電公社を中途採用試験に受かり退社。
その半年後に、今度は私が彼に願書を頼み試験を受けて私も合格したと言う経緯がある。
それからお互い40年近くNTTに勤め、最後はお互い姫路局で退社したのだが、これだけ長期間も繋がった友人は彼くらいだ。
ただ、彼は機械職、私は電報から事務屋になったので、それ程付き合いはなかったが、年賀状だけは何十年も出し合ってきた。
毎年、小まめに木彫りの版画を刷って送ってくれたが、来年はその賀状が届かぬから寂しい。
 

パソコン

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月16日(木)00時11分21秒
返信・引用
  パソコンも文字を打つとか、ニュースを見るばかりだと、貧弱な知識が脳みそから消えていく。
PCで年賀状作りをするのも、年に1度だけだから「使い方をかなり忘れてしまっていた。
情けないが脳細胞は減る一方なので、ドミノ倒しのようにガラガラと朽ちていっているわけだ。
パソコンは一度打ち込むと消えることは殆どないが、人間の頭なんて恐ろしくもろい。
 

年賀状

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月14日(火)22時43分59秒
返信・引用
  もう幾つ寝るとお正月の歌も・・・私には、もう幾つ寝るとお葬式なんて聞こえるようなった。
それはともかく、やっとこさ年賀状の裏側を摺り上げた。
その賀状も、現役の頃は200枚程出していたのに、リタイヤしてから段々と減ってきて、今は
2/3くらい・・・
体重も頭の毛も減ってきたから、歳を取ると言うことは何かにつけて侘しいものである。
その反面、どんなに誹謗中傷されたって、まるで堪えない先生方の図太さはやはり凄い。
 

黒髪

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月13日(月)13時00分13秒
返信・引用
  大阪府立高校で生まれつき地毛が茶色い女子生徒に、黒く染めないと授業を受けさせぬとか、登校禁止と
まで言った教師がいた。
これは学校の考えで、「金髪の外国人が入学したら、やはり金髪に染めてもらう」とも言い切っている。
非常識な感覚に驚くが、私が卒業した姫路市立高校に、チョッと大きなハゲがある男子生徒が居た。
長髪禁止だったが、そのハゲを理由に彼が長髪願いを出したとき、学校はそれを許可してくれた。
前記のような高校に限って、イジメなどが発生すれば、教育委員会共々そのことを隠蔽するに違いない。
 

頑山 先生

 投稿者:  投稿日:2017年11月12日(日)11時30分2秒
返信・引用
  昨日の神戸新聞に、頑山先生の手柄小学校での尺八教室の記事が載ってました。
手柄小学校といえば、私の母校であり、つい数年前の卒業まで子供も通っていた学校です。
親しみをもって、読ませてもらいました。今更ながら、大将の偉人さに感服してます。
しかし、教えてもらている子供達は、先生が美味い日本料理を出す店の元大将だとは、思いもつかないでしょうね!!
   /もう一度、かっぱやで、焼き魚を口に放り込んで熱飯をかきこみたい数。
 

起請文

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月11日(土)20時52分53秒
返信・引用
  昔、自らの言葉や行いに嘘偽りはないと誓った文書を「起請文」と言ったそうだ。
様々な神仏の名を挙げ、誓いに反すれば全ての罰を受けると記されていたとか。
罰も「身の八万四千の毛穴ごとに加えられる」と言うから、文字通り身の毛が弥立つ拷問だ。
裁判での証拠、証言も起請文で信頼性を裏付けたが、現在の国会答弁でもこれを踏襲すれば、
政府や大臣、更には官僚達も、もう少しまともな答弁を行うだろう。
少なくとも記憶に御座いませんなんて言えぬ筈だが、不思議なことに学園の新設が認可される
気配になった途端、学園長の加計孝太郎が「万感胸に迫る思い」と言うコメントを発した。
テレビカメラの前には出てこなかったが、やはり何か胡散臭いところがあるからだろう。
 

ウエート

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月10日(金)21時59分31秒
返信・引用
  風呂上がりに測った体重計を見て、エーッと驚いたのは、つい先日量った時に61キロあったのが、55キロしかなかったからだ。
それでなくとも現役時代と比べて10数キロも軽くなっていたのに、さらに6キロも・・・
何処か具合が悪いのか?とドキッとしたが、ただ計測器の電池を随分前から替えていなかったことに気が付いた。
そこで電池を取り換えると、61キロと表示されたのでホッとした次第。
一番太った時は78キロになり、超え過ぎやと言われたのに、60キロ近くになると、今度は「どないしたんや」とか「どこか悪いんか」と訊かれる有様。
肥えても痩せても、過ぎたるは及ばざるが如しとは、よく言ったものである。
 

酷すぎる

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 9日(木)11時25分49秒
返信・引用 編集済
  芸能人を海外のへき地に行かせる「こんなところに日本人」という番組に、AKBの高橋みなみが出演していた。
元々AKB48には興味が無いため初めて聞く名前だったが、その常識の無さには呆れるばかり。
番組担当者が訪問地のアラスカについて、「日本とどちらが人口が多いか」と訊くと、「アラスカ」、さらに「日本の人口は」と言う質問にも「10万人?」と首を傾げながら答える始末。
以前にも別の番組で「タイの首都は」と訊かれ「韓国」と答えたことがあったらしい。
視聴者は面白かったかも知れぬが、何かさらし者にしているようで不快であった。
そのことは別として、あまりにも常識が無く酷すぎる。
 

スダレ

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 8日(水)11時16分14秒
返信・引用 編集済
  掲示板の運営会社の定期メンテナンスにトラブルが発生し、回復が大幅に遅れてしまった。
そのため、昨日は書き込みが出来なかったのだが、今日になってやっとこさ正常に戻る始末。
話しは変わるが、前々から嫁さんから頼まれていた、家の西側の壁に垂らしていたスダレを
2枚取り換えた。
何年も使い色が変色していたので、嫁さんから何度も頼まれていた仕事だ。
作業に時間が掛かったが、それだけ思うように身体が動かなくなった証拠である。
脚立を登るのにフラつくし、針金を通して結ぶのにも手間取った。
あーあっ、情けない!
 

名前

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 6日(月)21時57分47秒
返信・引用 編集済
  直木賞で知られる直木三十五は、自筆の略歴で「筆名の由来」を書いている。
本名である植村の植を2つに割って苗字を「直木」、さらに名前は三十一と付けた。
翌年は三十二、その次の年は三十三で、いったんは三十三で止めるつもりだったが、「散々」は
縁起が悪いと三十五で固定したのだとか。
三十四を飛ばしたのは「惨死」を思わせるので、初めから使わぬことを決めていたと言う。
私の父も凝り性で、6番目の兄に「至楠=しくす」、8番目の兄は「栄人=えいと」と名付けた。
ところが私の名の「秀城=ひでき」としたため、兄姉から「名前負けしている」と言われた。
当たっているから辛い・・・
 

百舌鳥

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 5日(日)20時54分19秒
返信・引用
  夕方近く何処からか、久し振りに百舌鳥の鳴き声が聞こえてきた。
この鳥はいろんな声を出すため、「百の舌=百舌鳥」と呼ばれているそうだ。
大きさは雀と変わらぬが、百舌鳥のハヤニエという習性により翌年の積雪量が分かる。
つまり餌の蛙やトカゲを木の枝に刺して保存食とするわけだが、雪が多く降る年は高い
所に、そうでなければ低い所に刺しておくからだ。
小さな鳥が生きていくために、人間も驚くようないろんな工夫を凝らして生きている。
 

やりたい放題

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 4日(土)21時43分12秒
返信・引用 編集済
  ジャック・ルソーの名言に、「イギリスの人民は自由だと思っているが、それは大間違いだ。
彼らが自由なのは、議員を選挙する間だけのことで、議員が選ばれた途端、国民は奴隷となり
無に帰してしまう」と言うのがある。
誠に言い得て妙だが、これはイギリスだけではなく、日本でも衆院選が終わるや否や、何とか
晋三という人物がしたい放題のことを行い始めた。
選挙前には「これからは丁寧に説明を・・・」と言ったのに、説明も無しに加計学園の認可が
決まりそうだし、衆院の質問時間を与野党均等を要求するとか、どうも目に余って仕方がない。
本人は「俺の力はこんなもんだ」と腹の中で嘯いているだろうが、いつか鉄槌が下される筈だ。
 

おもてなし?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 3日(金)17時24分58秒
返信・引用 編集済
  安倍首相が、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が設立に関わった、女性起業家を支援する基金へ約57億円の拠出を表明した。
どうもよその国や人達に金を与えることが好きだが、トランプ大統領は数千億の資産家であり、ど何故こんなことをするのか分からない。
これを「おもてなし」と言うのか、それとも「おべっか」と言うのか分らぬが、しかしこんなことは自腹でやってもらいたいものだが、そんな太っ腹ではないようだし・・・
 

丁寧に説明?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 2日(木)21時20分45秒
返信・引用
  安倍首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設について、文科省の審議会が設置を認可する方針で意見がまとまったと言う。
これで来年4月の開学が認可される見通しのようだが、衆院選挙で自民党が大勝したとき、首相は「これからは丁寧に説明する」と謝罪した筈である。
ところがこの疑問について何も説明しないまま、文科省が設置を許可するとはどういうことなのか。
国民を馬鹿にするのも、いい加減にして貰いたいものだ。
 

ガスストーブ

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年11月 1日(水)18時32分29秒
返信・引用
  ホームゴタツは出していたが、ストーブの方は大阪ガスにコックを開けて貰わねばならぬため、
月明けにと思っていた。
ところが、あにはからんや昨日、急に冷え込んだため嫁さんと「寒いナー」と言い合う始末。
暦はもう11月、今年も残すところ2ヶ月だが、さて私の寿命はあと何年残っているのだろう。
そんなことを考えると、妙に背中が寒くなってきた。
 

守秘義務

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月30日(月)11時40分6秒
返信・引用 編集済
  ある女性が夫に前科があることを「絶対に誰にも話さないで欲しい」と民生委員に頼んだにも関わらず、近所の人に話されてしまった事例があった。
ところが、民生委員法には守秘義務があるのに、それを犯しても処罰規定はないのである。
つまり、法を破っても罰することが出来ないのだ。
ザル法の見本のようなものだが、ただ秘密を洩らされて損害を受けたなら、損害賠償請求の対象になるため告訴も出来るし、民生委員の解任も求めれるようにはなっているらしい。
人の秘密を知れば口がもぞもぞする人が多いが、言ってはダメな内容の方が喋りたくなるのが、人間の性なのかもしれない。
 

納豆

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月29日(日)15時18分50秒
返信・引用
  納豆が北朝鮮の平壌で人気を得ているそうだ。
北朝鮮のニュースでも納豆工場が紹介され、平壌に暮らす日航機「よど号」ハイジャック事件のメンバー達も、ある機関紙で「まさに日本の味」と絶賛しているらしい。
私も納豆が好きで、大袈裟ではなく毎日食べているが、これには脳梗塞や心筋梗塞など、血栓症にも効果があるそうなので、心房細動による不整脈がある私には、心強い御菜になっている。
 

血糖値

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月28日(土)23時25分32秒
返信・引用
  今日は半年に1度の血糖検査だったが、家で数日前から試験紙で調べると、かなり高い数値が出ていた。
これは医者に小言を喰らうと思い、あまり病院に行きたくなかったが、血液検査をすると標準値で医者は「何も言うことないですよ」と褒めてくれたのである。
不思議なのは、前回も同じように家で測った時に高い数値が出たのが、病院の検査ではセーフだったことだ。
試験紙が馬鹿になっているのかも知れないが、それにしてもヤキモキさせられる。
しかし、帰る途中にお好み焼きを買い、焼酎を飲んだからそんなことは忘れてしまった。
 

いとしと言う心

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月27日(金)11時29分30秒
返信・引用
  戀と言う字を分解すれば、「いとし いとしと言う心」という都々逸がある。
昔の人はホントに洒落た歌を作るものだが、最近はこんな遊び心を持った人は少なくなった。
多くの人が個人主義になり、多くの政治家が国民のために働かず、企業も営利主義に走ることが多く
なったからだ。
政治や企業に恋を求められないが、愛は提供して欲しいものである。
国民や消費者等に対する慈しみや感謝の気持ちだが、これは教育勅語なんかで育まれるものではない。
 

わろてんか

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月26日(木)12時52分6秒
返信・引用 編集済
  NHKの連続テレビ小説「わろてんか」を嫁さんが気に入って見ている。
その理由のひとつが、ヒロインの父親役である遠藤憲一が面白いとか。
確かに悪人面だが、コミカルな役もこなしており、同じ悪役俳優の松重豊と共に私も好きな俳優である。
とは言え、録画を毎日させられる上に、ダビングまで頼まれるから少々面倒だが・・・
しかし、買い物から食事に洗濯、その他にもいろいろしてくれているから、これくらいはするべきか。
録画とダビングは他にも、昼に放映される「トットちゃん」があり、この2つが毎日のノルマになって
いるが、両方とも短期間で終わる番組ではないから・・・トホホッ!
 

凄い人

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月25日(水)17時14分33秒
返信・引用
  35年前にチベットの高峰に挑んだ男性が、凍傷で両手の指を全て失い、更に両足も膝から下を失った。
しかしそれでも彼はストックを杖代わりにし、両足は義足を装着して山登りをしている。
年に数回行くのは、長野県と山梨県に跨る標高2400mの八ヶ岳で、そこにある「遠い飲み屋」と言う提灯がぶら下った山荘だ。
そこの主人と馬が合い、十数年前から年に数度訪れているそうだが、不自由な手足をものともせず通う友が居て、山荘の主がギターとハーモニカで迎え、他の登山客と美味い酒を飲む。
素晴らしい生活スタイルではないか。
 

CSは面白くない

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月25日(水)13時22分47秒
返信・引用
  セリーグのCSはDenaが広島に4勝2敗で制し、日本シリーズへの出場を果たした。
Denaに文句を言うつもりはないが、しかしペナントレースで14.5ゲームも差をつけられていた
チームが、僅か6試合でこのようなことになるのはやはり変である。
このルールが出来た理由は、セリーグの球団経営が苦しくなったためで、だから尚のこと面白くない。
球団経営のためにファンのことを無視する・・・党利党略のために国民の声に耳を傾けないのと同じだ。
 

男と女

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月24日(火)22時11分46秒
返信・引用
  今日は嫁さんが自治会のサークルから、神戸の動物王国に行ってきた。
以前の花鳥園だったとかで、リニューアルとともに名前も変わったらしい。
話しは変わるが、男性がリタイアすると嫁さんは逆に積極的に活動し始め、いろんな催しに
参加するようになるが、不思議に男性は近所の人達とはあまり遊ばない。
理由はよく分からないが、あれこれ動くのが面倒なのかも知れぬ。
洋画のタイトルではないけれど、男と女、歳を重ねると考え方や行動が変わってくるようだ。
 

神風?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月23日(月)12時46分12秒
返信・引用 編集済
  昨晩は台風21号による暴風が夜半まで吹き荒れ、家の外では何かが当たる音が鳴り続け、
12時頃には遠からサイレンの音が聞こえてくる始末。
それはともかく、この台風のおかげで衆院選の投票が、自民党に有利になったような気もする。
つまり、若者などの浮動票が投票箱に入れられなかったように思うのだ。
小池代表の排除発言に加え今回の台風など、何か自民党に神風が吹いた感じだが、驕る平家は
久しからずという言葉は彼らに通じず、片方の百合子姫は上手の手から水を漏らしてしまった。
何ともお粗末な話ではある。
 

惨めな結果

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月23日(月)11時34分45秒
返信・引用 編集済
  自民党の1党支配を崩すと言って戦った希望の党が、惨敗に近い形で負けた。
23日未明、民進党の前原誠司代表は党本部での記者会見で、自身は衆院で希望の党の会派に
所属したいと小池百合子代表に申し入れたと言う。
民進党を分断した上、希望の党に入った仲間を多く落選させ、自分は希望の党に入りたいとは
一体どういう神経なのか。
しかも、記者会見でも平然と答えていたから人間性を疑う。
 

黄昏のビギン

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月22日(日)12時01分50秒
返信・引用 編集済
  風呂の湯船に浸かりラジオを聴いていると、ちあきなおみの「黄昏のビギン」が聴こえてきた。
夫の郷暎治が亡くなってから25年、歌手活動どころか人々の前から姿を消していた。
関係者の話によると、彼岸や盆の墓参だけでなく、この25年間ずっと月命日にも墓参りをし、涙を流しながら手を合わせているそうだ。
正直言って二枚目どころか、かなり悪人面に見えるのに、これだけ愛され続けるのはやはり彼女を愛し続けていたからであろう。
だが残念なことに、このような夫婦は我が家も含め?あまり居ないのでは?
 

続けれるか

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月21日(土)11時32分44秒
返信・引用
  1日に僅か30分の運動で死亡リスクが3割も低下すると、17ヶ国13万人を対象にした調査で明らかになったそうだ。
しかも、ジムに行ったりランニングをする必要はなく、家事で身体を動かすだけで十分だとか。
毎日が日曜日で運動不足の私も、たまにする食器洗いや洗濯物の取り込みだけでなく、もう少し家事を手伝った方が良いようだ。
ただ継続性に自信が無いため、これをどうやって打破するかも大問題である。
 

選挙カー

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月20日(金)15時48分41秒
返信・引用
  衆院選の投票日まであと2日、でも殆ど毎日家に居るのに選挙カーが近所にやって来ない。
ウルサイから来て貰わない方がいいのだが、とは言え何か捨て置かれているような気もする。
こんなことを記すのは歳を取って捻くれたのか・・・これもまた侘しいことだ。
 

次から次へと・・・

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月20日(金)11時00分50秒
返信・引用
  神戸製鋼所や日産自動車など、日本を代表する大企業の不祥事が目に余る。
両社長が記者会見で頭を下げ謝罪したが、その舌の根が乾かぬ内にまた同様のことが発覚してしまった。
世界の企業やユーザーも不信感を抱いており、両社だけでなく他の企業にも影響を及ぼすはずだ。
日本はことあるごとに中国を叩きあざ笑ってきたが、これでは空に向かってツバを吐くのと同じである。
 

自家用操縦士免許

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月19日(木)15時00分1秒
返信・引用 編集済
  世界のホンダの創業者である本田宗一郎氏は、自動車だけでなく飛行機を創ることも夢見ていた。
彼の死後26年経ってその夢が現実のものとなり、ホンダジェットとして世界の注目を浴びている。
この人の偉大さは誰しもが認めるところだが、彼の奥さんも途方もないことを考える方であった。
主人の夢が叶ったなら、その飛行機を操縦して乗せてあげたいと思い立ち、飛行機の自家用操縦士
免許を取得したというのだ。
世の中、自転車さえ乗れない人が居るのに・・・とんでもないと言うか凄い人が居たものである。
 

笑わぬ大統領

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月18日(水)16時22分27秒
返信・引用
  米国の初代大統領であるワシントンは、人前で笑わぬことで有名であったそうだ。
理由はスプリングを付けた入れ歯が、うっかりすると口から飛び出す恐れがあったからである。
1ドル札の肖像が口元をしっかりと引き締めているのも、このせいだと言われている。
彼は4度入れ歯を作ったが、最初の入れ歯は、鉛合金に大鹿と人の歯を埋め込んだ物で重さは
1.3キロ、3度目の物はカバの牙と骨を金の土台にネジで取り付けた物だった。
ただこの歯は、赤ワインを飲むと直ぐに黒ずみ、彼が笑わなかったのはそのためだとか。
しかし、1.3キロもの入れ歯なんて本当にあるのだろうか?
M新聞の余禄に載っていた内容だが、この件だけはどうも信用出来ない。
 

支払い

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月17日(火)22時46分10秒
返信・引用
  安売りの酒店に行き、レジで私と同年配と思える男性の後ろで支払いを待っていた。
レジ掛かりが〇〇〇円ですと言うと、その男性は〇〇〇円・・・と何度も呟きその都度レジに表示された金額を見る。
それが大袈裟ではなく5度も6度もで、レジの女性が思い余って「3000円貰えればお釣りを渡します」と言う始末。
ひょっとすると、認知症なのかも?と思ったが笑えなかった。
私だって日にちや曜日が分からないことがよくあり、人のことを笑う身ではないからである。
 

キィー

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月16日(月)11時53分36秒
返信・引用
  昨晩、娘からオモチャの袋に、家と車のキィーが入っていたと電話してきた。
おそらく孫が遊んでいて入れたと思うが、ともかく明日持って来てくれと頼んだ。
ところが未だに届けてくれぬから、銀行に行けない。
プリウスは予備キーが無いのでこんな時に困るが、ともかく待っているしかない。
家の中でもゴンタをするが、キィーまで持ち帰るとは困ったチビッ子ギャングだ。
 

G軍倒壊

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月15日(日)21時54分13秒
返信・引用
  ジャイアンツが村田に戦力外通告した。
昨年3割を打ちながら、今年の前半はレギュラーになれなかったのは、彼の責任ではなく指揮者の判断だけである。
原監督の時から試合中に帰宅命令をされたり干されたり、イジメのような仕打ちを受け続けた。
G軍が弱くなったのは、アホな監督が折角トレードで入れた選手をつまらぬ使い方をし、それが己の偉大さだと思っていただけである。
昔は巨人と言う名前だけで選手が入ってきたが、何年も前から馬鹿げた使い方をして、有能な選手を次々と潰してきた。
中学生時代から約60年間G軍を応援してきたけれど、これでやっと踏ん切りがついた。
ただ、次はどのチームを応援するか・・・まだ決めかねていない。
 

秋祭り

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月15日(日)19時00分31秒
返信・引用
  朝、娘婿が昨日から預かっていた孫を迎えに来て、屋台に乗せてやると言って帰った。
今日は昼宮で、少し雨模様で心配したが何とか祭りは催されているようだ。
私が育った姫路の家の地区には屋台がなく、出店は並んだもののそれ程強い思い出はない。
しかし、結婚してアパート住まいをしたとき、自治会の人がハッピを届けてくれたので、
それを着て屋台を担いだことは忘れられない。
何処の国にも祭りは有るが、やはりハッピを着て太鼓を叩き、屋台を担ぐのが最高である。
 

DNA

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月14日(土)20時06分47秒
返信・引用
  今やDNAは犯罪捜査で指紋よりも重要視され、これにより多くの犯罪者の逮捕に繋がっている。
ところが昨晩、NHKBS1の「DNA捜査最前線」と言う番組が、このDNAで人の顔でさえ
復元出来る可能性が出てきたと説明していた。
まだ実現していないが、もしそうなれば凄いことであり、捜査にも大きく役立つはずである。
とは言え、これが可能になれば、逆に恐ろしい世の中になるような気もしないではない。
 

クリオネ

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月13日(金)10時45分5秒
返信・引用
  流氷の天使と呼ばれるクリオネの新種が発見され、その写真がM新聞の第1面を飾っていた。
オレンジ色の姿が可愛く、緑色の服を着たおばさんよりも余っ程ロマンを感じる。
今年も紅葉の季節になりつつあるが、やはり自然の色が美しいし心も洗われると言うものだ。
町内でも庭に金木犀を植えている家があり、もう少しすれば甘い香りが漂ってくるはずだが、
それをぶち壊す選挙カーは不快である。
 

巧い!

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月12日(木)12時16分28秒
返信・引用
  朝刊の週刊新潮の予告欄に「ベーシックインカムの筈が消費税アップ凍結」「ユリのミクスは
ユリコのミス」と載っていた。
更にその横にも、週刊文春の「小池 緑のたぬきの化けの皮を剥ぐ」と言う見出しがあった。
巧妙な言い回しで思わず吹き出したが、いつもながらこの人達の頭の回転の良さには感心する。
テレビのCM作家にこのセンスが有れば、少しくらい時間が長くても我慢出来るのだが・・・
 

見得と見栄

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月11日(水)12時51分53秒
返信・引用 編集済
  歌舞伎では、効果音に合わせて役者が体の動きを止め、首を回すように振ってグィッと睨らみつける場面があるが、いわゆる「見得を切る」という見せ場だ。
この時、左右の眼は別々に向いているから尚のこと迫力がある。
ところで8日に衆院選に関わる党首討論会があったが、各党とも都合の良いことばかり申し立てるばかり。
歌舞伎のように啖呵の一つでも切られたなら、ある意味好感を持てたが、こちらの方は見得ではなく、見栄のオンパレードで信用も好感も湧いてこない。
 

Re: どうして?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月10日(火)20時15分50秒
返信・引用 編集済
  > No.4828[元記事へ]

竹ちゃん 今晩は
どうして?に、性善説と性悪説が登場するとは思っていませんでしたが、どちらもその時々で有り得る話で、一概には判断出来ないでしょう。
常識にしても昔の常識が今は通らなくなり、嫁姑の問題も立場が逆になっているし・・・(笑)
ただ、今回の衆院選に出馬する候補者の殆どが、性善説など当て嵌まりません。
金が無いから消費税をUPすると言いながら、一番都合の良い時に解散して金を使い、加計問題を隠蔽しようとしている人間など、正にこの手合いです。
 

逝くこと送ること

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月10日(火)19時27分46秒
返信・引用
  「末期がんの“看取(みと)り医師” 死までの450日」と言うNHKの番組を見た。
ただ、僧侶である患者が死ぬ間際まで生に対する執念を抱き続けたことや、主人公である女医、つまり僧侶の奥さんが葬儀の後に火葬場へ送って行かなかったことは意外であった。
辛過ぎると言うのが理由だが、霊柩車を見送りながら泣き崩れた姿からは、その心情が伝わってきた。
奥さんはタイトル通り450日間付きっ切りで看病し、主人も身の全てを奥さんに委ねていた。
私の一番上の姉は4人姉妹の長女でしっかり者だったが、61歳の時にガンになり、亡くなる2~3日前には義兄が「錯乱状態になった」と電話してきた。
意識がまだ混濁していなかったためだと思うが、死に直面すると当然と言えよう。
我が家の嫁さんは、「あと10年生きたいではなく、あと10年若かったらな」と言ったが、これもまた「正」で、私もそう願っているのだが、さて・・・
 

Re: どうして?

 投稿者:竹ちゃん  投稿日:2017年10月10日(火)18時36分28秒
返信・引用
      秀坊さん、お元気ですか。

    私にとっては、コラムの様な社説の様な存在であった「日々雑感」が、終了したことは非常に残念でしたが、秀坊さんが1日に数度、掲示板に記事を掲載されている事に喜びを感じています。
    この「日々雑感」には、随分勉強させて頂きました。ありがとうございました。

    さて、「どうして?」ですが、このモラルだとか性善説の崩壊などといった問題は、嫁姑問題の様に永遠のテーマなのでしょうか。
     我が家でも、ホタル族の悪臭(と言っても、私も昔は愛煙家。止めてみると勝手なもので最悪臭ですね。(苦笑))に、換気扇からの料理臭(こいつは、居間の窓に直撃します。)。更には、子どもの躾のつもりなのか、大絶叫する親子(こんなん虐◯ちゃうん!)。等など、ママちゃんさん同様、其々に其々の疑いや悩みがあるのですね。

    「常識」って何なんでしょうね。決して、「自分が普通で常識人だ!」という訳ではありませんが、昔、親によく言われた「世間体」だとか「後ろ指を指される様な…」だとか、「人様に迷惑をかける様な…」といったことは、もはや通用しない時代だ!と、ひと括りにしても良いのでしょうか。
    今日も駅からの帰り道、歩き煙草する年長者の後ろを歩くのが辛かったなあ。
    人のふり見て我がふり直そ、っと。
 

Re: どうして?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月10日(火)16時27分50秒
返信・引用
  > No.4826[元記事へ]

ママちゃん  こんにちは
夕方に雨戸を閉めるのは気にならないのだけど、冬でも朝の4時頃に大きな音で開けられると・・・
しかも、ガラガラガラと言う音だけでなく、ガチャンガチャンとくるからやはりネ(笑)
 

Re: どうして?

 投稿者:ママちゃん  投稿日:2017年10月 9日(月)23時27分37秒
返信・引用
  秀坊さんへのお返事です。

うふふふふ・・・
思わず笑わずには居られなかったわ
家の裏の家も夏でも日の高いうちから雨戸を閉めるよ。
思うだけでも暑苦しく、鬱陶しい気がする。
雨戸を閉めるとエアコンはもちろんだが、部屋は暗く電気も付けなければいけないだろうしね
世の中いろんな人がいるということで。
私には理解しがたいなぁ~
 

どうして?

 投稿者:秀坊  投稿日:2017年10月 9日(月)22時33分32秒
返信・引用
  我が家の裏側の筋にある隣り同士のお宅の話である。
1軒は夏でも夕方の4時頃には雨戸を閉め、もう1軒は朝の4時頃に雨戸を開ける。
夕方の家はともかく、夜明け前に大きな雨戸を思いっ切り開けられると迷惑だ。
我が家は筋が違うからそれほどでもないが、同じ筋の人はやはりウルサイだろう。
気付かずにしているのかどうか分らぬが、やはり少々無神経ではないかナー・・・
 

/98