投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


この掲示板、まだ使えるのかな

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2013年12月17日(火)01時09分53秒
返信・引用
  ふぅ。。。
おっきくホームページへ、って赤い字で下線付きで書かれてるけど、
はたしてホームページって、なんのホームページ?

はぁ。。
あれこれ悩んだよ。あれこれとね。
思い切って誰かさんに、「元気?今宮古にいますか?」なんてメールを送ってしまおうかとか。
勇気を出してあいつに、「ねぇやっぱり今日も来て」っていっちゃおうか、とか。
それどころか、プライドも何もかも捨てて、あの人に、「とりあえず会いたいから」って言って突撃するかとかさ。

ていうか、それどころかあの子に「ねぇ、久しぶりにうちで飲もうよ~」って無理やり腕組んで連れ込もうかとか。

まぁ、色々考えて、どっちも止めて、テレビを見てるってわけ。

明日の朝、空港にいって、航空券を返して返金してもらえたら、そのお金を持って断りに行こう。

日帰りの予定を二泊に伸ばしてもらったのにもうしわけないけど、今回は私はやっぱり行きたくないって。

ほんとに、行きたくなくなったから。
ていうか正直、あなたよりも一緒に過ごしたい人がいるから。。。
なんて言わないけど。
 

子どもの受験も、

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2013年 2月27日(水)15時38分19秒
返信・引用
  なんとかうまくいきました!

早稲田大学に合格。高3に入ってからほとんどずっと、遊びにも行かずに慣れない勉強に取り組んできたのが恵まれたと本人は大喜び。

来月はアパート探しにいきます。

ていうか、このページって機能してるのかな。
 

市議選は

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年11月17日(火)02時54分47秒
返信・引用
  うまくいきました


嵩原さんも啓世さんも、頼まれてたアキヒロさんも、真栄城さんもみんな当選したし!

落選が12人もいたけど、大事な人たちがちゃんと当選したのは市民の良識のたまものですね



総選挙でも宮古だけはマスコミに流されなかったし



全国的に赤字がふくらむなか、宮古だけは赤字から抜け出したし行政改革も成功してる。


全く誇らしいことです。
 

懐かしい新聞切り抜きを見つけた

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 9月24日(木)23時02分26秒
返信・引用 編集済
  自民党 亀井静香下建設相
 ★東京都内での講演で
 自由党の小沢一郎党首が示した政策は、そのうちやりますということでなくスピーディにやることだ。
 万一、自由党が連立をはずれ、反自民にまっしぐらに走れば、自民党が政治をする上で決定的な状態になる。国連軍への自衛隊参加は直接的な武力行使でなく、後方支援とか別の形でやるべきだ。小沢党首もどんどん米国と一緒に武力行使すればいいとは考えていないと確信する。

自由党 小沢一郎党首
 ★東京都内のホテルでの講演で
 自民党内にごちゃごちゃあるようでわからないが、(政策は)小渕恵三首相自身が了解している。この実行は戦後政治、戦後体制、戦後社会を終了して新しいスタートを切ることになり、我々の苦労が報われる。首相に期待している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

そう、小沢一郎が訴えてたのは「戦後レジームからの脱却」だった。
だから安倍が登場したとき、小沢はすぐに安倍を支える側に回るだろうと思ったけど
小沢一郎はどこまでもタイミングが悪い政治家だと思う。
 

たとえ政権交代が必至で

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 8月17日(月)21時00分12秒
返信・引用
  日本は再びの破滅を免れることができないとしても。
今のこの時代に警察がここまで露骨に選挙に介入してくるなんて。。

もう一年以上も前から、チョービンのポスターが貼られていて、解散宣言直後から違法選挙ポスターも、幸福実現党と競い合ってはりまくっていたのに、それでも警察はなんの警告も発しないで自由にやらせていた。
それが、先週ニシメのポスターが貼られるなり、その日のうちに「屋外広告物条例違反」の大きな警告シールがニシメポスターに貼り付けられた。
その日のうちに、というのは、市民から苦情が来る間もない動きだから、警察の自主的なうごきとしか思えない。

そして私が二日間島を離れている間に掲示されたポスターにも、みごとに警告シールが貼られている。つまり、ニシメのポスター掲示を追い回して貼り付けているということになる。

ひどいのは、3枚チョービンポスターが並んでいる中に貼り付けられたニシメの新しいポスターにだけ警告シールが貼られている。

巨大なチョービンポスターは、警察に守られているかのように島中を埋め尽くしている。

まさに、私たちが平和教育の中でさんざん聞かされた、昭和初期に行われたというあの政権交代を思わせるような状況です。

戦争体験者の方々の多くがいなくなったら、日本国民はこうもあっけなく同じ過ちをくりかえすんだなあとあきれ果てる思いです。
 

総選挙どうなる?

 投稿者:hidari uchiwa72  投稿日:2009年 8月 3日(月)23時44分19秒
返信・引用 編集済
  沖縄は4区に別れて行われるけど、1区はホントに「下地」が強いの? イヤだね。2区の「照・寛」で順当か・・・矢張りそうか。3区は「デニー」でいいかも・・ね。4区は「チョービン」は絶対イヤだね。「西銘」が良いと言うわけでは無いが、キナ正吉直系の「チョービン」よりは少しだけマシかも・・・。  「キナ~チョービン」のラインが確定すれば、沖縄県民の民度が全国に知られてしまうね。 そうなれば儂は北朝鮮に亡命するかも・・  

こんにちは

 投稿者:MiYa  投稿日:2009年 2月14日(土)13時16分38秒
返信・引用
  お元気そうでなによりです。

敏彦市長、頑張ってますね。
 

市長は頑張っています

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月31日(土)11時48分3秒
返信・引用 編集済
  昨日のMTVニュースの特集によると、なんでも、これまでの市長や町村長には見られないことをつぎつぎとやって下地敏彦市長のカラーを次々と打ち出しているいるそうです。

☆当選証書授与の日から役所の担当の人たちのところにいき、予算策定をスタート
☆就任式で下着になってだらしなさを表現し、えりを正していこうと呼びかけ
☆初登庁の日に、30分早い登庁をし、紙ふぶきやくすだまなどを禁止
☆朝役所の入り口に立ち、全職員に「おはよう」のあいさつ(一週間続ける予定だとか)
☆予算案に市長裁量経費1億円を盛り込むよう指示
☆市長室の応接セットを取り払い、会議用テーブルをおき、市長室をくつろぐ部屋から事務調整のための部屋に模様がえ

とまあ、この一週間、学校の地鎮祭やらなにやらのいろいろの公務の間を縫って精力的に動き回ったそうです。

来週には副市長人事があるそうで、いろいろうわさされていますが、市長の頭の中では本当はもう決まっているのかもしれません。

月曜日の夜には、市長に宮古島政治研究会のホームページを見せる予定。気に入ってくれるかな。
 

宮古島バンザイ!

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月26日(月)00時50分39秒
返信・引用 編集済
  宮古島において、保守本流というものが、全国に先駆けて再建されそうです。

去年もザキミさんが当選しました。
今年も敏彦さん、そして敏彦さんを支持した垣花さんが当選しました。

敏彦さんの力と考えるより、宮古島市民の良識だと考えた方がいいとわたしは思います。

わたしの友人は何度も何度も『脅迫に負けるな、信念を貫けば大丈夫だ』と電話で繰り返していました。
そのくらいたくさんの人が、今回も脅しを受けて不安に思っていました。
それでも励ましあいながら、立ち上がったんです。

利権政治やパフォーマンス政治がはびこり、保守政治の志が踏みにじられ続けた過去数十年の不幸な時代にピリオドが打たれてこれから宮古島は再生に向けて出発です。
時代に負けるな宮古島!!

今、希望ばかりが輝かしく見えています。わたしも明日からもっともっと頑張ろう。
宮古島のために何ができるか。
ささやかながら精一杯の貢献を!
I wanna make what little contribution I could!
 

うしさんありがとうございます。

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月23日(金)01時08分40秒
返信・引用
  まったく、藤村さんたちの「革新も保守もない!」のスローガンにはハラがたちます。
革新はありますよ!
いつの時代も革新の炎は消えることなくちゃんと燃えています。
バカにしないで下さい!
っていいたいです。


でも、この人をぜひ市長に!!と思える人がひとりもいない、については反論があります。

下地敏彦さんは、平成17年の宮古島市合併に向けて、合併推進協議会の幹事長として、行政マンとしての手腕をはっきし、真剣に新市建設計画の策定をした人です。

敏彦さんは、宮古島を立て直すために真剣に作り上げたその計画を、いつまでたってもまともに実現しようとしない政権に対して歯がゆい思いで立ち上がったんです。

全力を使い果たして倒されても、それでもあきらめずにまた立ち上がる。
この島の未来にまだわずかでも希望が残っているかぎり、個人資産もなにもかもをなげうって、立ち上がりました。

彼の作り上げた具体的な政策、そして合併時の約束でもあった新市建設計画を実行するために、この人をぜひ市長に!とわたし達は迷いなく考えています。
 

(無題)

 投稿者:うし  投稿日:2009年 1月22日(木)20時11分6秒
返信・引用
   6人も立候補しているのに、この人をぜひ市長に!!と思える人が一人もいないことは残念です。
 ただ、藤村さんだけは、絶対いけませんね。
 かたよった報道しかできない宮古テレビや、一族の利権最優先の下地幹朗さんに宮古島市を牛耳らせてはいけません。
 いわゆる『革新』といわれている皆さんに言いたい。下地幹朗さんや中尾英作さんがバックについている藤村さんが当選したら、伊良部島に自衛隊基地ができる可能性はかなり高いと思いますよ。
 

投票してきた

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月21日(水)14時06分29秒
返信・引用 編集済
  妹と一緒に。

宮古の報道をリードする宮古テレビの社長が政権を握るとなると、
マスコミは政府が動かすことになる。

政府がマスコミを管理・主導する恐怖政治は、20世紀、ソビエトを経験し、ナチスを経験し、軍国主義、北朝鮮キム政権、イラクフセイン政権などを経験したわたし達が繰り返してはならないものだ。

だから何を間違っても今回は譲れない。
 

欽ちゃん

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月19日(月)23時19分40秒
返信・引用
  飛騨ちゃんねるの人だったのか。じゃあ猿さんにきけばだれなのかわかるんだろうな。

ちなみにわたしは大昔から国を憂い、島を憂う熱血漢でしたよ。時には世界中のことまで憂えて血が滾ります。
大正生まれのわたしの伯母がそうだったそうです。遺伝ですね。
 

(無題)

 投稿者:飛騨ちゃんから  投稿日:2009年 1月19日(月)20時41分30秒
返信・引用
  >>議会軽視の行政にピリオドを!  投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月13日(火)11時32分3秒
真剣に、郷土の行く末を思いやるが故の島民への激と思えて感銘しました、
若い頃、一升瓶でぐうたら親爺の頭カチ割った人とは思えんです、(プハハハ
ま、それで、誰に迷惑かけた訳でもないし、別にどうってこたーないですわ、
ミミさんの実像を垣間見たおもいがしております、
そして、この書き込みも又、私の実像と思っていただいて結構です
宮古島を一緒に守ろうという、同士が増えるといいですね、頑張ってください。
 

欽ちゃん

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月19日(月)17時41分14秒
返信・引用 編集済
  まったくその通りです。
それが人情ってやつですね
旅の途中さんは相変わらず、選民主義的にのんき者ですね。
 

同志とは

 投稿者:旅の途中  投稿日:2009年 1月19日(月)11時07分2秒
返信・引用
  真に
闘っている人間だけに感受されるもの、

他者を
思いやり利他の心を手放さない人間だけに生まれる。

ふらふら
している人間なんてどうでもいいのだよ。
 

(無題)

 投稿者:欽ちゃん  投稿日:2009年 1月18日(日)22時02分1秒
返信・引用
  >敵は
多くともいずれ同志も登場するさ

いやあ、それはどうでしょうかねー、あれが動いているなら、おいはあっちに行きますちゅうのんが、多いんじゃないかと。
 

(無題)

 投稿者:次郎  投稿日:2009年 1月18日(日)06時06分13秒
返信・引用
  名前は変えてるけど同じ人も多いみたいよ  

お陰様で!!

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月18日(日)02時57分14秒
返信・引用
  次郎さん来てくれてありがとう。

でも、もうそのサイトも参加者も入れ替わって、すっかり様変わりしてしまったね。
少ししか残ってないなかにあなたやチャチャイや××氏がいて懐かしいです。
 

こんばんわ

 投稿者:次郎  投稿日:2009年 1月18日(日)00時02分23秒
返信・引用
  元気でやってるようだね

http://www.njd.com/

 

おひさしぶりです。

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月15日(木)12時15分45秒
返信・引用
  応援ありがとう。  

やっぱり

 投稿者:旅の途中  投稿日:2009年 1月15日(木)03時18分58秒
返信・引用 編集済
  選挙が迫ると血が騒ぐんだろうな。
いいんじゃない。

それでいいと思うよ。
人間そんなに変われないよ。
いざとなればホンネが出るよ。

愚直で
真っ直ぐであってほしいものだ。

敵は
多くともいずれ同志も登場するさ。

ミミ!
がんばりや。
 

島の報道を牛耳るマスコミ代表が立候補

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月13日(火)11時39分20秒
返信・引用 編集済
  それにしても、中立を保たねばならない、権力を見張らねばならないマスコミがまさか政権掌握を試みるとは、日本中探しても類例がないんじゃないでしょうか?

ちなみに、マキヤ候補の後援会長である伊志嶺さんは、"そうぞう(21世紀新風会)"の候補である藤村候補の一番の支援者。
"そうぞう"のボスの一番子分を副市長にする契約も伊志嶺さんと奥平さんとの、密室での調印が済んでいるという。

もちろん、伊志嶺さんの義理の従姉妹にあたるわたしの叔母や伯母たちの一族(伯母は旧平良市時代選挙を握っていると言われているくらい選挙の力がある人)も、藤村さんの運動に励んでいる。

マキヤ候補の後援会長をしている伊志嶺さんは、マキヤ事務所内にとりあえず人数をおいておくことと、藤村さんを当選させるよう指示をだして、さっさとオーストラリア長期旅行にでかけてしまった。
マキヤ候補が選挙でどんな屈辱を受けることになるか、あまりにむごすぎて考えたくないくらい。

革新の体質はわかってたつもりだったけど、
元日そうそうの親戚周りを皮切りに、翌日、翌々日には他の与党内部の方々からこんな話をきかされて、さすがにショックの極みです。
ちなみにこちらで与党というと、共産党を中心とする革新連合のことです。
 

議会軽視の行政にピリオドを!

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月13日(火)11時32分3秒
返信・引用
  先日、あいつぐ行政の不祥事の責任をとり、辞職した市長の反省の弁の中に、「確かになれあいというものがあったかもしれない」というものがありました。

リーダーでありながら、あまりに優しすぎる性格ゆえに、仲間たちの不正をいさめることもできない、まさになれあい政治の結果が民意・議会軽視の行政となったのだろうとわたしも思います。

不自然極まりない価格での選挙功労や政権幹部の関係する企業への市有地売却や土地購入、多額の補助金詐欺、形式だけの公務員採用試験、ゴミ処理詐欺…
このように、政治を執る為政者、行政が横暴をふるったのがこの十五年弱の旧平良市(現宮古島市)でした。

この政府にとって、民意というのは、政権に与する各種政治団体の意見であり、議員選挙を通して民の意見で政治を決める議会政治のあり方、つまり先進国らしい真の民主主義を欠いた政治となってしまいました。


この十五年弱の長期なれあい政権が、政権最後の3年間に取った策は、かつて島を壊す悪徳独裁者として島民から裁きをうけた、利権政治家の最たるような下地某氏との癒着、マスコミを抱き込んだ情報操作だった。


平気で民をいじめ、故郷を、政治を食い物にしてきた、まさに保守の敵とも呼べる汚い利権団体が恥知らずにも保守を名乗り、政治的復権を狙ってふれまわるのが「保革の枠を超える」のスローガン。

保革(本当は保守なんかじゃないから利革といったほうがいいかもだけど)が共に手を取って利権を貪ろうというのを、宮古島市民は許すのでしょうか。

ふりかえるとこの利権団体の市政は8年、革新の市政は15年。 合わせて23年もわたしたちは彼ら(利革連合)に搾取されイジメられてきたことになる。
彼らは総力をあげて相変わらずの脅迫作戦で選挙運動を展開するだろう。

ここで民が立ちあがらなくていつ立ち上がるのか。もう負けるわけにはいきません。
 

なんか・・・複雑骨折してるみたいね(^^)

 投稿者:saru  投稿日:2009年 1月10日(土)21時50分13秒
返信・引用
  新聞から、おさらいしてみました。

宮古島市長選:6氏が出馬固める

 【宮古島】市職員の一連の不祥事による市長辞任を受け、1月25日投開票の宮古島市長選は28日までに少なくとも6人が出馬することが確実となった。選考委を立ち上げた3勢力の選に漏れた中からも2人が出馬表明し候補者乱立の様相となっている。
 自民・公明の保守系の候補者選考委員会は26日、県漁業協同組合連合会会長の下地敏彦氏(63)の擁立を決定。自公の選考委で名前が挙がったが選に漏れた県女性総合センター「てぃるる」元館長の友利敏子氏(64)も出馬を表明した。
 市政与党・革新系の選考委員会は27日、真喜屋精神神経科医院長の真喜屋浩氏(73)の擁立を決めた。
 市議会のそうぞうや与野党の一部で構成した会派「21世紀新風会」の選考委員会は同日、宮古テレビ社長の藤村明憲氏(59)の擁立を決定。選に漏れたが、元連合沖縄会長の狩俣吉正氏(58)も出馬を表明した。市内の飲食店チェーン「中山」会長の中山誠氏(63)も29日に出馬表明する。
 一方、革新系選考委で委員を務めていた県議の奥平一夫氏は28日、藤村氏同席で記者会見し、下地島空港の平和利用などの政策で合意したとして、藤村氏を支持すると表明した。奥平氏は「新風会ではなく、藤村氏個人と連携する。下地島空港の平和利用を守るためには勝てる候補の擁立が必要」と語った。
 奥平氏は選考委で「市政の不祥事による逆風の中、独自候補では勝てない」と主張。「21世紀新風会」と相乗りで藤村氏擁立を主張したが、実現せずに最終段階で委員を辞退していた。
(琉球新報)
2008年12月29日

http://www.11pm.co.jp/takayama-dpj/

 

福祉国家は昔からわたしが主張してたでしょ

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月10日(土)20時08分15秒
返信・引用 編集済
  革新は福祉なんかどんどんきりすてますよ。
彼らは民の生活や経済がどうなろうが民が飢えようが、どこまでも搾り取って自分達が上に君臨できてればそれで満足なんです。

革新の本質について昔書きました。

政権交代という言葉を耳にするたび、
革新的なイメージが頭に浮かびます。
革新政権の例としては、ロシアのソビエト、ドイツにおけるナチス党、わが国の軍国政権の政権奪取…
ピューリタン革命の頃から、いつの時代も、革新政権というのは結局封建時代までの非常に原始的な権力観から抜け出していなくて、民を守り国を守るという意識がほとんどない。つまり民のために国のために政治をするという意識がほとんどないままに権力闘争を繰り返した本当に前近代的な発想のままで権力を求める。

常に「闘争によって勝ち取る」という血なまぐささをその行動の基礎におき、平和を守るとか平和を実現するということとはまったく無縁でありながら、生活者にとって一番大切な「平和」という言葉を振りかざして弱い人たちを説得にかかる。
「わたしたちを信じれば平和が守れる」「世界平和、ユートピアが実現できる」と教養のない層をターゲットに、イデオロギーの使途となったインテリ先生たちが優しい笑顔で肩を抱き、穏やかな口調で「そのために命をかけなさい」と教える。

彼らが政権をとってやることは、何をさておいてもまず政権への尊敬と崇拝を確立するという作業だ。従わないものは「人間として劣等である」という抹殺と弾圧の作業。

これが革新というものの本質なんだと思う。日本人よ早く目を覚ませ!!といいたいところだが、軍国政治の恐怖を覚えている人たちがいなくなったとき、世にもおそろしい革新派、闘争派による政権交代が実現することになるかもしれない。
 

Re: おめでとうございます。

 投稿者:saru  投稿日:2009年 1月10日(土)18時41分47秒
返信・引用
  > No.1571[元記事へ]

カワイミミさんへのお返事です。

今年は、あーだこーだ言っても民主党が政権を握ります。

お気に召さないかもしれませんが・・福祉国家を目指します。(多分

ゆりかごから→はかばまで

昔々、小学校で習いました。(^^)

http://hidach.kbnet.jp.org/index2.html

 

おめでとうございます。

 投稿者:カワイミミ  投稿日:2009年 1月10日(土)17時34分0秒
返信・引用
  そしてありがとう。

こちらではもうすぐ市長選がありますよ。
民主党沖縄県連のキナ代表はもちろん、元連合会長の狩俣さんを応援すると思います。

でも、残念ながら、こちらでは民主党支持者の大半は狩俣さんにつかないかもしれません。
状況をみていると、藤村さんという、異常に変更した宮古のマスコミを牛耳る独占テレビ局の社長さんで、革新は固まっています。

彼は21世紀新風会と名前を変えた「そうぞう」から出された候補者です。

マスコミが権力を握るなんて、先進国、民主主義国においてはまずありえない話ですけど、宮古では何が起きるかわからなくて緊張状態が続いています。
 

迎春

 投稿者:saru  投稿日:2009年 1月10日(土)17時23分9秒
返信・引用
  迎春
とりあえず・・・おめでとう

http://www.11pm.co.jp/takayama-dpj/

 

多元政党制

 投稿者:kamuya  投稿日:2008年 7月11日(金)02時03分57秒
返信・引用
  自由民主党は(さしあたり派閥単位で)小党に分離すべきだと思います。一党独裁の尾を引いている状況では政権交代は起きにくく、仮に政権交代を期するにしても数合わせの烏合の衆政党にしかなりません。

価値観の多様化を的確に反映するために、小規模な政党が多数並立しながら、目的に基づいて合意形成を重ねていくことが可能な、多元政党制ともいうべきシステムを構築したほうがいいのではないかと考えます。……むろん、現行の制度を考えればこれは「机上の空論」ですので、まずは、そのようなシステムが機能しうる土壌づくりをやる必要があると思います。

以下、参考になれば幸いです。


政治構造構成研究会 「構造構成主義国家」
http://seikouken.seesaa.net/article/28351562.html
 

/33