teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ~Cat tank story~ 英雄の試練2

 投稿者:とある名無しの管理人  投稿日:2012年 9月22日(土)14時29分12秒 softbank126124077075.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.6[元記事へ]

クリックをした瞬間あの時のようにパソコンが光りだした
そして少年の前に光が集まりだし、その光が猫になった
???「え・・・。予想外だな・・・猫?ぬいぐるみがなぜPCから・・・」
謎の猫「ぬいぐるみじゃにやーーーーーい!」
???「ええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
少年は心の中で思った
猫がしゃべった・・・
謎の猫「初対面なのにえーはないだろえーは!」
???「あ・・・はい・・・」
ネイ「俺の名はネイ。お前に契約を申し込みに来た」
???「え・・・契約?なんの??」
ネイ「そうか・・・話は長くなるが・・・」
???「長くなるならいいやwww」
ネイ「いや聞けよ!この世界はお前がいた世界の裏の世界だ」
???「裏?」
ネイ「そう。この裏の世界はふつう入れないがこの世界に入れる扉があってな。
その名も・・・CT」
???「C・・・T?」
ネイ「そう、CTはお前の世界には数100個しかないんだ。だがお前のPCはそのCTだった」
???「まさか・・・俺のPCが」
ネイ「そういうことだ。この世界に来ちゃぁ戦わなきゃいかねぇ」
???「戦う?いったい何と・・・」
ネイ「この世界の侵略者だ」
???「し・・・侵略者?」
ネイ「侵略者って言ってもこの世界の住民だ。人間の後のな」
???「人間の?・・・もしや人間が入たのか?」
ネイ「あぁ、入たが全員殺された」
???「こ・・・殺された?」
ネイ「そう、頭をぶち抜かれて・・・」
???「ぐ・・・グロイ」
ネイ「そして何年か経ち、お前の世界とこの世界がくっついてCTが現れた」
???「それで・・・。んで、契約って何を?」
ネイ「俺らは猫に似てるが実は猫じゃないんだ。俺らはシャキという生物だ」
???「そのシャキがなぜ?」
ネイ「この世界に来た人に警告をするため、そしてこの世界を守ってもらうため」
???「世界を守る・・・?」
ネイ「この世界はまだ救えるんだ・・・」
???「どうやって!?」
ネイ「・・・そこはまだわかってねぇ」
???「一つ聞いてもいいか?」
ネイ「なんだ?」
???「お前この世界の人に警告をするためって言ったな?」
ネイ「あぁ、そうだが」
???「この世界には人間がすでに来てるってことか?」
ネイ「あぁ、だが俺とは違うやつと契約してるから数は分からねぇな」
???「そうか」
ネイ「んで、契約するか?」
???「あぁ、絶対する。んで、やり方は?」
ネイ「俺に名前を教えて契約を誓え」
正太郎「俺の名前は正太郎。今日俺はネイと契約する」
ネイ「よくぞ言った」
ネイがその言葉を言った途端、正太郎の腕に機械がくっついた
正太郎「なんだこれ?」
ネイ「それはスキャイナーさ。時期に使う時が来る」
そして正太郎とネイの過酷な旅が始まった。
続く
 
 

~Cat tank story~ 英雄の試練

 投稿者:とある名無しの管理人  投稿日:2012年 9月21日(金)22時48分57秒 softbank126124077075.bbtec.net
返信・引用
  > No.2[元記事へ]

カチャ・・・ピカーン!!
急にPCが光だし少年は光に包まれ
そのまま消えてしまった
???「…う……うう……あ・・・あれ?ここは・・・外か?」
少年が目覚めた所は少年の家の外だった
まさか二階から落ちたかと少年は思ったが痛みが1つもなかった
???「とりま、家戻ろう」
家に入った少年はあることに
すぐさま感じた
家に親がいない・・・さっきまでいたはずなのに・・・
少年は不吉な予感がして体が寒く感じてきた
???「これはいったい・・・」
少年はすぐさまPCのある部屋に行った
あそこに手がかりがある・・・そう思って・・・
PCのある部屋にいくとすぐさま電源を入れた
画面に「ようこそ」の文字がかかれている
そして完全に起動した時、2つのウィンドが勝手にでてきた
???「え・・・なんで?・・・」
そこに写っていたものは・・・
なんと自分の家だった
更にこの部屋が写っていた
が、そこに少年はいなかった
???「一体どういうことだ!?」
少年はもう1つのウィンドを
恐る恐るクリックした
続く
 

小説ですか

 投稿者:ガーディアン  投稿日:2012年 9月21日(金)22時46分52秒 31ee10020.oct-net.ne.jp
返信・引用
  頑張ってください。
実は俺もある掲示板で小説書いてたんですよ^^

内容は結構複雑ですが…

ま、まぁとにかく、序盤を見る限り、続きが気になる終わり方なんで、おもしろそうです。
 

黒歴史にはさせない

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月21日(金)22時31分32秒 softbank126124077075.bbtec.net
返信・引用
  > No.3[元記事へ]

> 出来れば、晒すのは話しがある程度固まって、見せても大丈夫だな。と思ってからにした方が...
> 黒歴史になるかもしれません。
すみませんが十分に僕の頭のなかで
内容はある程度固まっています
そこんとこはきちんとなっておりますので
 

一応いっておきます

 投稿者:三橋  投稿日:2012年 9月21日(金)21時51分23秒 KHP222009106165.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  出来れば、晒すのは話しがある程度固まって、見せても大丈夫だな。と思ってからにした方が...
黒歴史になるかもしれません。
 

~Cat tank story~ 英雄の目覚め

 投稿者:とある名無しの管理人  投稿日:2012年 9月21日(金)18時48分32秒 softbank126124077075.bbtec.net
返信・引用
  ???「これが卓也の言ってたオンラインゲームか・・・
結構楽しそうじゃんwww」
1人の少年はPCのインターネットを使い
オンラインゲーム
「猫戦車」
を見ていた
このサイトがあんなことになることを知らず・・・
???「ん?なんだろう・・・このボタン?妙に変だな?」
少年はそこをクリックした。
続く
 

あいさつ

 投稿者:とある名無しの管理人  投稿日:2012年 9月20日(木)22時56分45秒 softbank126124077075.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今度から猫戦の小説を作っていきたいと思います
 

レンタル掲示板
/1